伊豆諸島単独漕~停滞~

伊豆諸島単独漕~停滞~

いざ出発!と思いきや…

「あぜりあ丸」を下船。

1日目は神津島でテント泊。神津島観光協会でキャンプサイトの登録を行い、パッキング中の姿をスタッフに撮影してもらった。

神津島の前浜港の岸壁を、カートに載せたシーカヤックを転がしながら、近くの浜辺に到着。
いよいよ離陸。不安と好奇心に駆られ、浜辺へと足を踏み入れた。

すると、あることに気が付いた。荷物満載したカヤックの重みにより、カートのタイヤが砂に減り込み前進が難しい。
本来は、カヤックの前後に付いている荷室を空にして、荷物とカヤックを各々分けて運搬して、セッティングするわけなのだが、横着したのだ。
200mの砂浜の上をカヤックを押しながら進む。30分かけて、ようやく波打ち際へ到着。これを間抜けという。

ようやく出発。
その前に、知人から頂いたお神酒をカヤックにかける「進水式

神津島の海と荷物満載のカヤック

海にカヤックがようやく浮かぶと、また気づくことがあった。

シーカヤックには前後の荷室と、人が乗り込む漕艇部(コクピット)が隔壁で分けられている。
今回は荷物が多く、コクピットの中にも荷物を満載。
すると、脚の動きがまったく取れない。下半身はバランスを取る役目を担っているので、それが失われ、不安定なまま初めての海に浮かんだ。

神津島西側の前浜を、まずは南へと進む。

神津島の前浜から恩馳島(写真右)をカヤックで眺める

この岬より先は荒れていて進むことができない。
北へ転進し、宿泊予定地の沢尻湾(さわじりわん)を目指す

海上から神津島のシンボルである天上山を眺める

実は、この日、若い勢いに任せ、このまま次の島へと渡ってしまおうかと、ひそかに思っていた私であった。
それは、この荷物満載で身動きがとれなくなった身体と、荒れ模様の海により、すぐ断念。
楽観的な私は鳴りを潜め、慎重派が多数派を占めた。
即刻、沢尻湾に着陸を求める。

沢尻のキャンプサイトへ到着

死地をあきらめ、観光へ

テントを建てて、寝床が完成。
海から離れ、すぐに観光客モードへんと転身。
3年ぶりに神津島を散策した。

物忌奈命神社(ものいみなのみことじんじゃ)
神津島の鎮守
神津島の流人墓地
江戸時代、伊豆諸島は流刑地として機能した名残
白い砂が敷き詰められている空間は、新島や神津島で見られる
島にはやっぱり猫

日が落ちる前にテントへと戻り、クーラーボックスに入れて持参した豚肉と野菜たちを引っ張り出す。

1日目の夕飯は、豚汁と“おこげ”ご飯

お酒を嗜み、21時に就寝。
すると、同じキャンプサイトで宿泊していた外国人の若者たちが騒ぎ出した。
禁止されている焚き火や雄叫びなど騒音問題だ。すぐに警察へ連絡。
こうして安眠を手に入れた私は、翌日へ備えた。