水から桜を愛でる会

水から桜を愛でる会

2021年も無事にお花見カヤック催行

 2021年も無事にお花見カヤックツアー「水から桜を愛でる会」を実施できました。

 新型コロナウイルス(COVID-19)の疫渦のため、2020年、2021年と当該ツアーも縮小しながらの催行でしたが、ほどよく参加していただき有難うございました。

 今年は、シーカヤックとSUPと2種のパドルスポーツでのご案内となり、参加していただいた方のニーズに合ったツアーとなったかな…そんな気がいたします。

川から漕いで桜を愛でる本来の愉しみ

 そもそも河岸に植えられた桜の起源は、「治水」にありました。
 江戸時代、土手に植えた桜を多くの方が眺めに…結果、土手が踏み固められて治水へと繋がった、そんなアナログな手法が、いつしか文化となり“河岸の桜”が流行ったのです。

 そんな土手に植えられた桜、光量が多く得られ自在に伸びることができる(沿道を阻害しない)川面へと自然に垂れてきます。
 つまり、桜のお顔は水側にあるわけです。
 以前、ミズベリングの記事でも書きましたが、「水側から見る桜を自ら眺める」そんな愉しみが、この「水から桜を眺める会」の名に込められています。

 来年も、変わらず咲くであろうソメイヨシノをお楽しみに。

 これから初夏へ向けて…まだまだ天候不安定ですが、気持ち良い季節がやってきますね