海遍路・若狭湾編スタート

海遍路・若狭湾編スタート

海遍路(うみへんろ)

 シーカヤックの魅力は、海を旅することができる舟であるということ。自ら海へ出て旅をし、海岸線を巡り、日本を回ることができる。

 その特性を生かして、始まったプロジェクトが、これから関わっていく海遍路(うみへんろ)である。

 高知大学の山岡 耕作教授と、石垣島のシーカヤックガイドである八幡 暁氏が、2011年から始めたプロジェクト。

 海遍路では「漕ぐ、歩く、聞く」 をコ ンセプトに、人力の舟「シ―カヤック」で、自らが海を読み、自然を学ぶ当事者となりながら、多様性に富む日本の海辺を訪問し、海抜0メートルの視点から地域に生きる人々と出会い、暮らしを学び、記録します。

海遍路ホームページより

 海の”お遍路”。四国島を3年かけて1周し、漁村や生物の現在を切り取る海旅が行われてきました。そして、2014年に三陸地方を巡り、2015年に有明海を回ってきたようです。

糸井の海遍路ことはじめ

  回ってきたようです、と他人事なのは、私が初めて関わったのが、2016年。
 神奈川県小田原市から東へ向かった海遍路を、横浜市にて待ち構え水先案内したところが、私の海遍路とのはじまり。

SUPで根岸湾(横浜市磯子区)へ出迎えたところ、八景島方面より北上した海遍路と合流。2人乗りカヤックは余裕の表情、SUPで全力伴漕。たしか、この時は通り雨で低体温症になりそうだったな…

 このとき水先案内を務める圧倒的リーダーの八幡氏とは、この前後に神奈川県逗子に越してきた関係で、何度かお会いすることがあったのだが、ここで初めて海(運河)を一緒に漕ぐことができた。

八幡氏が代表を務める「ちゅらねしあ」(八重山諸島)では、毎度八幡氏不在で、代わりに私と同世代のスタッフが応対。その後、左の南平氏はOUTISE(アウティーズ)を、右の運天氏はSUNWAVE KAYAKSをそれぞれ立ち上げ独立へ

 この海遍路・神奈川県沿岸の際にお会いした藤井 巌氏と、2018年に福岡県博多市で遭遇。以降、何度かお会いした際に、海遍路の現状を知ることとなった。

2018年7月15日、博多祇園山笠のクライマックス、通称「追い山」に毎年舁き手で参加する藤井氏と

海遍路を紡ぐ

 2011年から始まった海遍路は、山岡先生が退かれた後、京都大学にて森里海の連環を提唱している田中 克名誉教授が引き継がれていた。
 一方、水先案内を務める八幡氏も、石垣島へと戻り、海遍路へアクティブに参画することが難しくなり、海遍路継続の危機であるとのこと…

 そこで、海遍路の水先案内人に糸井をと、白羽の矢が立ったのだ。

 それは、2019年1月のこと。ちょうど福岡から関東へと戻り、再びカヤックを始めようと思っていたところ。

 おそらく海遍路というものは、どのような形でも継いでいくものなのだろう。海を旅し、今の日本を見つめる機会をつくるために、私が次世代へ紡ぐというのも、1つ良い時間なのではないか。

 一方で、八幡氏の強いリーダーシップの元で、今までの8年間牽引されてきた事実があった。私なんぞに務まるものなのか…
 迷っていても仕方がないこと。まず、新参者の糸井がすべきことは、「海遍路を自分事にする」ということであった。

水天宮にて
「糸井君なりの海遍路を」と事務局を務める藤井氏から告げられた。糸井なりの海遍路って何だろうか。まずは、2019年に舞台となった若狭湾へ向かわねば…