伊豆諸島単独漕~攻防~

伊豆諸島単独漕~攻防~

ナライを受ける伊豆諸島の初夏

 

テントから抜け出ると、灰色の朝を迎えた。

キャンプサイトからの見る沢尻湾
どんよりとした灰色の海が広がる

初夏の時期は、移動性高気圧と低気圧が入れ替わりやってくる季節
低気圧がやってくると、ここ伊豆諸島では、北東風が吹き荒れる。
ナライというこの風は波を立たせ、伊豆諸島の各島を断絶させる。もちろんシーカヤックでは島渡りは困難な海況だ。

そんな事態は理解していたのだが、海へ出撃して様子見をしようじゃないか。

沢尻湾を北へと発ち、赤崎へ到着。

赤崎遊歩道までツーリング
飛び込み台となっているこの構造物。夏は人でにぎわう

雨が降ってきた。流石に誰も海には出ないだろう。水温は19℃だ。

そのまま神津島の北端まで漕ぐ。神戸山(かんべやま)が北の目印だ。

 

神津島の北端から式根島を眺める
ナライという北東風で荒れた海峡に臆して、ここで転進

写真では分かりにくいが、波の高さは3メートル近い。
波だけでなく、潮の流れも強いので、ここは頑張らずに引き返す。

我を張っても命を失うだけだ。

こうして2日目も観光客に

 

沢尻湾の“マイホーム”へと帰還し、夕飯の買出しへ。

前浜の港周辺には、売店がいくつかあるが、漁協直営の施設もある。

ここで、ここ周辺の島名物である「赤いか」を購入した。
いつか、島の祭典を東京の竹芝ふ頭で行っていた際、B級グルメとして出店していた「赤いか焼きソバ」を作ってみたくなったのだ。

神津島の前浜港。
神津島の海の玄関口としてだけでなく、神木の船溜りとして、漁業従事者も利用しやすい作りとなっている。

往路は海沿いの道を歩いてきたが、復路は違う道を通りたくなった。

男は常にワンウェイ!私の持論である。
※同じ道を通るよりも違う景色が見たいだけである…

前浜の海水浴場から坂道を上がり、“マイホーム”へと向かう。
あまり漕いでいないから、少し運動せねばならない。

誰もいない前浜海水浴場
夏の夕暮れ時は、夕日を肴にビールが似合いそうなテラスだ
神々が集う島「神津島」
水を分け与える神。現在で最も水が提供されているのは御蔵島(みくらじま)である
神だけでなく、ネコも集う島「神津島」

前浜の集落を後にすると、本格的な山道だが、至る所に文明が残っていた。

寒天の原料となるテングサを干している山道

山道の頂上は、赤根堂という霊堂がある。

時刻は夕暮れ時。薄暗くなってきた山道に、少し怖くなってきた。霊堂にあまり長居せず、すぐに下山を開始。

山道から恩馳島(おんばせじま)を眺める
木々は、冬の強い西風の影響で、斜めに曲がる

沢尻湾へと戻る途中に、空の美しさに気が付いた。
遠回りした結果、いい夕暮れを迎えることができた。もう少しで海も穏やかになるだろう。

夕方の沢尻湾
山道を通ったご褒美

空腹を満たすため、赤いかの焼きソバを調理。

夕飯は、赤いかの焼きそば

ビールと共に頬張っていると、ヤツラが現れたのだ。

 

夕闇の大攻防戦

 

ソイツラは音も立てずにやってきた。

私が調理している炊事場には入り口が2つあるのだが、すでに入り口は押さえられていた―――包囲されている!

私は、背筋に冷や汗を覚えた

カメラのフラッシュで光る獰猛な目

キャンプ場周辺に住んでいる子猫たちが6匹。

狙いは、私が作った焼きソバだろう。

 

まず、私がやらねばならないのは、「逃げ道の確保」であった。
子猫たちに抑えられている入り口を、1つ奪取せねばならない。
1つの入り口には、子猫が4匹。もう一方には、2匹。少ないほうを奪取し、私は彼らに見つからないように身を隠す。

やられたら、やり返さねばならない。それが野生の掟だ。

まずは作戦会議か

反撃

残った赤いかの焼きそばを囮に使い、私は子猫たちを一網打尽にする計画を思いついた。

身を隠し、その機を伺う。
ヤツラは何も知らずにノコノコとやってきた。

野生といっても、まだまだ素直な子猫である。

 

隠れて観察していると、私はあることに気が付いた。
子猫6匹も同い年ではないようだ。中学生のような兄貴分がいて、小学生もいるわけだ。

隠れて狙う私に気づいた兄貴分のネコ
彼はここで撤退
隠れている私に気が付かず、餌へと引き寄せられる“末っ子”子猫

赤いかの焼きソバへ、もう一歩までやってきた“末っ子”
そんな小さな子猫の前に、私はダッシュで姿を現した。
一目散に逃げ出す子猫たち。
こうして、無事炊事場を完全に取り戻した私。

こんな攻防戦を1時間以上行ったのだ。

1人の夜を賑やかしてくれた子猫たち、ありがとう。